理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が集うリハビリ情報サイト

PT-OT-ST.NET

トピックス

2019.01.16

ビックデータの解析でより効果的なサービス提供へ


東芝デジタルソリューションズでは、ビックデータを多面的に解析するシステム「地域包括ケア事業支援『ALWAYS ICC』」を地方自治体向けに提供する。

効率的な医療・介護サービスを検討するため、ビックデータの活用が注目されている。地方自治体は、膨大なデータを保有しているが、総合的に分析するまでにいたっていないのが現状だ。この現状において、ビックデータを多面的に解析するシステムを東芝デジタルソリューションズが提案している。

川崎市、東京都品川区がすでにこのデータ分析システムを活用しており、結果を積み重ねながら東芝デジタルソリューションズは、このシステムを全国に広げいく方針。
医療・介護関連の10年分のデータを分析し、限られた財源の中で効率的で高い成果が得られる医療・介護サービスの提供につなげていくことに期待したい。

参考:東芝デジタルソリューションズ   地域包括ケア「地域マネジメント」支援ソリューションALWAYS-ICC

http://www.toshiba-sol.co.jp/gov/always/icc/index_j.htm


関連タグ
リハニュース ビックデータ
最新ニュースをLINEでおとどけ「LINE@友達追加」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

もっと見る 省略する
ページ上部へ戻る