理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が集うリハビリ情報サイト

PT-OT-ST.NET

トピックス

2019.10.01

作業療法で認知症と向き合う リーフレット「私がわたしのままで過ごすために」文京学院大が公開

文京学院大学は、作業療法士学科の大橋幸子教授が総監修の下、認知症対策を進める自治体や認知症に悩む家族に向けて発信するリーフレット「私がわたしのままで過ごすために」を制作。世界アルツハイマーデーに合わせて、9月21日より同学ホームページにてPDF版の無償提供を開始した。


同リーフレットでは、自分でできる認知症の気づきチェックリストや、認知症になった際の当事者とその家族の気持ちを順に追った解説を掲載。認知症との向き合い方については、認知症の作業療法として「できなくなったこと」を「できるようにする」ことよりも「今できる活動」に価値をおくこと、そして、「できる」という体験から意欲が生まれ、認知機能が保たれることを紹介している。


参考:これからの認知症との向き合い方 作業療法リハビリテーションで「わたしらしく過ごす」ためのリーフレット発表(文京学院大学HP)

関連タグ
リハニュース 認知症 作業療法士
PT-OT-ST.NET:LINE公式アカウント「最新ニュースをLINEでお届け」友達追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

もっと見る 省略する
ページ上部へ戻る