【平成28年診療報酬改定情報】理学療法士、作業療法士、言語聴覚士のためのPT-OT-S.NET

体制強化加算2の新設【回復期リハビリテーション病棟の常勤医師の施設基準を見直し】

  • HOME »
  • 体制強化加算2の新設【回復期リハビリテーション病棟の常勤医師の施設基準を見直し】

回復期リハビリテーション病棟の常勤医師の施設基準を見直し

回復期リハビリテーション病棟の専従の常勤医師が入院外の診療にも一定度従事できるように新たに体制強化加算2(1日につき120点)を新設する。

体制強化加算1  200点
体制強化加算2  120点(新)

体制強化加算2の概要

  • 専従の常勤医師を2名以上
  • 専従の常勤社会福祉士1名以上
  • 専従の常勤医師のうち2名は以下のすべてを満たせば他の業務に従事できる。
    1)前月に、外来リハビリ又は訪問を実施していること。
    2)それぞれの医師が従事する曜日、時間等を決めていること。
    3)少なくとも1名の医師は週に32時間以上は従事していること。
    4)いずれの医師も週8時間以上従事していること。

関連資料

平成 28 年度診療報酬改定についての答申書(回復期リハビリテーション)

sd

 

【PT-OT-ST.NETの診療報酬改定情報について】
平成28年診療報酬改定の情報をPT-OT-ST.NETが独自にまとめたものです。記載の誤りや解釈の一部に誤りや今後に変更になる可能性があります。当サイトの情報についての取扱については十分に注意して頂き自己責任にてご利用下さい。当サイトの記載の誤り等を発見した場合はお手数ですがPT-OT-ST.NETまでご連絡ください。
PAGETOP