理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が集うリハビリ情報サイト

PT-OT-ST.NET

トピックス

2020.01.15

【令和2年診療報酬改定】これまでの議論の整理(案)を提示|中医協

1月15日の中医協総会の中で、令和2年度診療報酬改定に係るこれまでの議論の整理(案)が示されました。


以下にリハビリテーションに関わる部分を抜粋した一部を掲載します。ご参照ください。

II-6 アウトカムにも着目した評価の推進
(1) 回復期リハビリテーション病棟における実績要件について、アウトカムを適切に反映させるとともに、栄養管理の充実を図る観点から、回復期リハビリテーション病棟入院料について要件を見直す。

(2) データに基づくアウトカム評価の推進の観点から、データ提出加算について要件等を見直す。また、提出データ評価加算の算定状況や未コード化傷病名の現状を踏まえ要件等を見直す。

II-7-3 地域移行・地域生活支援の充実を含む質の高い精神医療の評価
(11)精神病棟における高齢化等による病態の変化等を踏まえ、長期入院患者に対するリハビリテーションを推進する観点から、精神療養病棟入院料における疾患別リハビリテーションに係る要件を見直す。

II-7-7 患者の早期機能回復のための質の高いリハビリテーション等の評価
(1) 回復期リハビリテーション病棟における実績要件について、アウトカムを適切に反映させるとともに、栄養管理の充実を図る観点から、回復期リハビリテーション病棟入院料について要件を見直す。(II-6(1)再掲)

(2) 急性期から回復期、維持期・生活期まで一貫したリハビリテーションの提供を進めるとともに、疾患別リハビリテーションに係る事務手続きを簡素化するため、疾患別リハビリテーションの通則等について、疾患別リハビリテーションに係る日常生活動作の評価項目等の要件を見直す。

(3) 言語聴覚療法を必要とする患者に対して、適切な治療を提供する体制を確保する観点から、言語聴覚療法のみを実施する場合について、脳血管疾患等リハビリテーション料(II)の要件を見直す。

(4) がん患者に対する適切なリハビリテーションの提供を推進する観点から、がん患者リハビリテーション料について対象患者等の要件を見直す。

(5) リンパ浮腫に対する早期かつ適切な介入を推進する観点から、リンパ 浮腫指導管理料及びリンパ浮腫複合的治療料について対象患者等の要件を見直す。

(6) 摂食嚥下障害を有する患者に対する多職種チームによる効果的な介入が推進されるよう、摂食機能療法の経口摂取回復促進加算について要件及び評価を見直す。(II-3(6)再掲)

III-1 医療機能や患者の状態に応じた入院医療の評価
(14)回復期リハビリテーション病棟における実績要件について、アウトカムを適切に反映させるとともに、栄養管理の充実を図る観点から、回復期リハビリテーション病棟入院料について要件を見直す。(II-6(1)再掲)
① リハビリテーション実績指数について、満たすべき水準等の要件を見直す。
② 管理栄養士等の専門職種の配置状況の実態やその取組の有効性等を踏まえ、人員配置に係る要件を見直す。

(19)特定機能病院の有する機能及び体制等を踏まえ、回復期リハビリテーシ ョン入院料等の特定入院料等に係る取扱いについて見直す。

III-3 質の高い在宅医療・訪問看護の確保
(12)訪問看護ステーションの理学療法士等による訪問看護について、以下の見直しを行う。
① 医療的なニーズの高い利用者への訪問看護がより適切に提供されるよう、理学療法士等による訪問看護について評価を見直す。
② 訪問看護計画書及び訪問看護報告書について、訪問する職種又は訪問した職種の記載に係る要件を見直す。

引用:中央社会保険医療協議会 総会(第445回)議事次第 総-4(PDF:306KB)

*診療報酬改定の項目については、厚生労働大臣の諮問を受け、今後具体的な診療報酬点数等の審議が行われる予定です。上記に内容については、これまでの議論の整理として掲載された内容であることにご留意ください。
関連タグ
診療報酬改定2020
PT-OT-ST.NET:LINE公式アカウント「最新ニュースをLINEでお届け」友達追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

もっと見る 省略する
ページ上部へ戻る