理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が集うリハビリ情報サイト

PT-OT-ST.NET

トピックス

2021.06.21

6月21日は世界ALSデー、各団体がチャリティイベント開催



本日、6月21日は「世界ALSデー」。

一日も早いALSの原因究明・治療法の確立を願い、世界中で多くのイベントや発信が行われています。

ALSと闘病し、挑戦を続ける武藤将胤さんは「KEEP MOVING」のスローガンのもと、ALSが治る未来に向けて活動を実施。今年は、世界ALSデーに向け、「KEEP MOVING」のメッセージを込めたチャリティーTシャツを制作、支援を呼びかけています。

武藤さんは、自身の運営する団体のホームページにて「ぜひ、あなたのお気に入りのチャリティTシャツの一枚を見つけ、一緒に世界ALSデーを盛り上げてください。あなたの一つのアクションが、ALSの課題解決のみならず、医療や福祉分野での明るい未来へと繋がります」とメッセージを寄せています。



難病ALSの治療方法を見つけるために活動を行なっている「せりか基金」は、活動5年目を記念して、新しいチャリティグッズを準備。

グッズの売上は、ALSの原因究明、治療法の解明に取り組む研究者へ届けられています。せりか基金は、2020年までに12名の研究者、13の研究へ総額3650万円の助成を行うことができたと報告しています。



一人ひとりの行動が集まれば、大きな変化を起こせる。

「ALSが治療可能な病気になる」未来に向けて、アクションを起こしている方々のチャリティイベントに、是非アクセスしてみてはいかがでしょうか。

■一般社団法人WHIT ALS
 → ホームページ
 → Facebook
 → オンラインストア

■ 一般社団法人せりか基金
 → ホームページ
 → Facebook
 → せりか基金ストア

関連タグ
世界ALSデー 難病
PT-OT-ST.NET:LINE公式アカウント「最新ニュースをLINEでお届け」友達追加

この記事が気に入ったらいいね!しよう

もっと見る 省略する
ページ上部へ戻る