理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が集うリハビリ情報サイト

PT-OT-ST.NET

トピックス

2015.12.03

次期改定、効果上がらない回復期リハビリは一日6単位以上は算定できない?!医療機関は大打撃

回復期リハビリテーション病棟の病床数は、直近10年で2.5倍以上に大きく増加傾向にある。また、厚生労働省は一日6単位以上を提供している高密度にリハビリテーションを提供している施設においても、必ずしもその効果が上がっていない医療機関があると指摘し、次期診療報酬改定では、一定の基準で回復期リハビリテーションの効果を上げていない医療機関は1日6単位以上の算定を認めない(入院料に包括する)案が中医協総会に示されました。この案が実現し、算定できなくなる医療機関は大打撃が予想される。

資料はこちら → 【中医協】個別事項(その5;リハビリテーション)について(PDF)

PT-OT-ST.NET:LINE公式アカウント「最新ニュースをLINEでお届け」友達追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

もっと見る 省略する
ページ上部へ戻る