理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が集うリハビリ情報サイト

PT-OT-ST.NET

トピックス

2018.08.16

「AI病院システム」開発を政府が支援 海外展開も視野に



AI、IoT、ビックデータ技術を用いた「AIホスピタルシステム」開発に向けて政府が百数十億円を投じ、文科省、経産省、厚労省が中心にプロジェクト検討が進められている。

同プロジェクトは、「AIの診療現場導入による医師と患者のアイコンタクト時間の倍増と医療従事者の50%がかなりの負担軽減を実感できること」を2022年度末の到達目標として掲げている。

具体的なAIの活用例として、診療時音声情報の文章化がある。医師と患者間の会話をAIにより自動入力されるため、医師は目と目を合わせて診察、面談に注力できる。

また、子供の場合には漫画のキャラクターなどが画面に表示し、話しやすくする工夫なども例示されている。




10医療機関での「AIホスピタルシステム」導入モデル病院の運用開始を2022年度末までに目指し、いずれは医療情報産業の活性化のため海外展開も視野に入れられている。

資料:第2回 戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)第2期「研究開発計画案の内容に係るプログラムディレクターと記者との意見交換」(内閣府HP)

 

関連タグ
リハニュース IoT AI
最新ニュースをLINEでおとどけ「LINE@友達追加」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

もっと見る 省略する
ページ上部へ戻る