理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が集うリハビリ情報サイト

PT-OT-ST.NET

トピックス

2021.03.02

健康寿命延伸のため「横断的予防」の必要性を提言 ー 国立研究開発法人

国立長寿医療研究センターなど6つの国立高度専門研究センターは2月19日、日本人の健康寿命延伸のために必要な予防行動等について、個人とそれを取り巻く社会的要因に関する目標を「疾患横断的エビデンスに基づく健康寿命延伸のための提言」としてまとめ、連名で公表した。

bb67a94723b780881fad9f47ada70ef6.png

公開された「疾患横断的エビデンスに基づく健康寿命延伸のための提言」では、喫煙、飲酒、食事、身体活動など、疾患横断的に健康を左右する項目について、予防行動等に関する国民一人一人の目標と個人を取り巻く社会的要因に関する公衆衛生目標が提示されている。

健康寿命延伸のためには、疾患を個別に予防することに留まらず、様々な疾患を横断的に予防することが重要であるとの観点から取り組まれている今回の提言。

今後、さらに国立高度専門医療研究センター6機関の連携によるコホート研究を推進し、日本人のエビデンスを構築することで、日本人のためのより確かな提言として更新を継続するとしている。



参考・引用
■ 国立高度専門医療研究センター6機関の連携による 「疾患横断的エビデンスに基づく健康寿命延伸のための提言(第一次)」 公開(国立長寿医療研究センターHP)
■ 電子化医療情報を活用した疾患横断的コホート研究情報基盤整理事業 疾患横断的エビデンスに基づく健康寿命延伸のための提言(国立がん研究センターHP)

関連タグ
健康寿命 予防
PT-OT-ST.NET:LINE公式アカウント「最新ニュースをLINEでお届け」友達追加

この記事が気に入ったらいいね!しよう

もっと見る 省略する
ページ上部へ戻る