理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が集うリハビリ情報サイト

PT-OT-ST.NET

トピックス

2016.05.30

フレイルのアセスメントに基本チェックリストを推奨

 国立長寿医療研究センターは12日、後期高齢者には生活習慣病の発症予防より重症化予防や「フレイル」の進行予防が重要と指摘する研究報告書を公表した。

 報告書では、特性に応じた適切なアセスメントと、介入支援の必要性を提言。今後、広域連合が実施することが望ましい保健事業のガイドライン試案も提案した。

 フレイルのアセスメントツールとしては、介護保険の介護予防事業に導入されエビデンスもある 25 項目の「基本チェックリスト」の活用が望ましいと言及。その他の要素として運動機能をみる歩行速度や指輪っかテスト、認知機能検査などの追加も必要とある。

 また、フレイル悪化の要因となる低栄養について、高齢者への支援が十分に実施されていないと問題を提起。国や自治体などに対して、管理栄養士や保健師などの専門職によるアプローチを充実させるように促している。

 

関連サイト:健康長寿医療研究センター フレイル部(HP)

関連資料:後期高齢者の低栄養防止等の推進について/厚労省(PDF)

     「フレイルの診断基準について」/国民健康保険中央会(PDF)

     基本チェックリスト/厚労省(PDF)

 

 2ef24534458c19537a025e9cd9a5c572.png

 

58bc85dea4471e3003e5f497a89d8352.png

 

067ef76e3146cd117e90e06b0c0b5ce1.png

 

ad66522d0c09d5eebbcac473e5b481cf.png

関連タグ
リハニュース
PT-OT-ST.NET:LINE公式アカウント「最新ニュースをLINEでお届け」友達追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

もっと見る 省略する
ページ上部へ戻る