理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が集うリハビリ情報サイト

PT-OT-STネット

PT-OT-ST.NET掲示板

掲示板テーマ:制度・診療報酬(平成28年)

閲覧数:5704 2017年02月25日 [更新] 修正 削除 不適切報告

新しい順に表示古い順に表示

  • 24:PT1更新日:2017年02月25日 20時52分

    面白い視点だなと思って拝見しましたが、実際は介護認定の有無のみしかみられないと予測されるので最悪の場合は返戻でしょうね。

    つけいる隙はあっても危険なので皆さんはやめときましょう!

    返信する なるほど!そう思う1 違反報告

  • 23:通りすがり更新日:2017年02月02日 12時00分

    この論点でいえば、
    新規発症で入院される方、ほぼすべてにおいて
    介護保険 要介護被保険者ではない。

    更新しなければ該当しない。

    という解釈になりそうですが・・・

    そんなことはないと思いますよ。
    上記であれば、目標管理非算定での減算システムもほとんど
    意味をなしませんし。

    返信する なるほど!そう思う2 違反報告

  • 22:でぱす更新日:2017年01月04日 20時34分

    個別指導の場において正論はあり得ません。
    問題は、全体にあり、単独ではありません。
    尿なのか、お茶なのかの問題ではありません。
    まっとうに保険診療してたら厚生局に感知されません。
    警察が怖いのは、一部の人間です。
    このスレの内容は、個別指導にビクビクしている方々には関係の無いお話です。
    ※独り言です。

    返信する なるほど!そう思う0 違反報告

  • 21:PI更新日:2017年01月04日 15時47分

    >20 への返信

    ちなみに19さんは別人。
    まあ、ディスりたいだけならご勝手に。
    そちらこそ、近隣の情報を収集されていますか?
    各地方厚生局にもよると思いますが、当地域ではリハの削減を主目標に精力的に病院を回ると宣言されていますよ?近隣の病院、かなりの量がやられています。お偉いさん方は結構みなさん知っていますので聞いてみてください。
    ちなみに内容について口論になり、正論で通そうとすると、監査医師のコメントはとにかく安ければいいんだよ!とはっきり言われましたよ。
    こちらは好意で現状のお話をしたつもりでしたので、言い争いはするつもりがありません。お返事はいりません。スルーでお願いします。

    返信する なるほど!そう思う3 違反報告

  • 20:でぱす更新日:2016年12月27日 12時15分

    >19 への返信

    特別な病院です。

    返信する なるほど!そう思う1 違反報告

  • 19:通りすがり更新日:2016年12月27日 10時53分

    >18 への返信

    どのような病院だとおっしゃりたいのでしょうか?

    返信する なるほど!そう思う1 違反報告

  • 18:でぱす更新日:2016年12月26日 12時33分

    >17 への返信

    あなたは、「2回程、厚生局個別指導を受けた病院」がどのような病院か解っていて、そう仰っているのですか?

    返信する なるほど!そう思う0 違反報告

  • 17:PI更新日:2016年12月26日 09時29分

    >16 への返信

    ちょっと遅いかもしれませんが。
    よく、これは成り立つんではないか?と言うスレがありますが。
    当院2回程、厚生局個別指導を受けた病院として感触を含めたコメントをさせていただきます。
    基本的には全て、安ければいい!!と言う方向にお話はされます。
    こちら的には正論でも診療報酬的に明記されていない内容は全て不可の方向だという印象を受けました。最終的には大半が、「では、それはサービスで行なってください」と言うコメントをされていましたので。内容はあまり関係ありませんでした。
    最終的には、金額が低ければいいと言う印象です。ですので、その観点から考えると私的には厳しいのかなと感じております。
    減点は大変ですのでご注意を。

    返信する なるほど!そう思う1 違反報告

  • 16:でぱす更新日:2016年12月25日 17時53分

    >15 への返信

    苦しいなかでも御上に予算を割いて下さるよう、お互い頑張って参りましょう。たくさんのコメントありがとうございます。

    返信する なるほど!そう思う0 違反報告

  • 15:cano更新日:2016年12月24日 15時36分

    >14 への返信

    リハビリの必要なしが議論の結果というより、介入による抑制だけでは足りないからより軽度な場合は終了するというのが結論ではないでしょうか。
    予測でしかありませんが・・・無い袖はふれませんし。
    受給者が増え続けて介護保険の継続が課題とされてきているのですから、軽度の方でも重症化予防が入ると関わりが長くなるでしょうから、期限が生じてくるのは当然かと。介護保険も医療保険のように介入できる日数を決めてもらえると、わかりやすいのですが。それをしてしまうと介護難民になってしまうリスクが高いのでできないでしょうけど。

    混合診療・介護など保険外の活動が本格化すれば別ですけど。

    返信する なるほど!そう思う0 違反報告

  • 14:でぱす更新日:2016年12月21日 21時51分

    >13 への返信

    要介護者の重度化を予防し、社会保障費の抑制に資することが、我々の責務であると考えております。リハビリテーションなしで、高齢者全般的にうまくエイジング出来るなら、この人達は、何を議論したのでしょうか?
    http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/other-rouken.html?tid=216570

    返信する なるほど!そう思う0 違反報告

  • 13:cano更新日:2016年12月21日 16時39分

    >10 への返信

    必要性だけで考えれば、自立している方以外は介入が必要になってくるはずですが、保険で行う以上は予算の上限があるはずですから、被保険者の母数が増え続ける現状では終了・減算は然るべきかと。
    「認定を受けたら」という認識よりは、高齢者全般的にうまくエイジングして頂ければいいと考えています。

    返信する なるほど!そう思う0 違反報告

  • 12:でぱす更新日:2016年12月20日 19時36分

    >11 への返信

    この事案は、今、各地でポツポツと申し出ても意味がありません。

    返信する なるほど!そう思う0 違反報告

  • 11:N-t更新日:2016年12月20日 12時32分

    厚生労働局に問い合わせるのが一番かと

    返信する なるほど!そう思う2 違反報告

  • 10:でぱす更新日:2016年12月19日 12時39分

    >9 への返信

    ご意見ありがとうございます。

    一度要介護認定を受けたら、その人の生活機能は、低下の一方をたどるものであるから、これに対するリハビリテーションの評価は、医療・介護ともに低く設定、又は、必要性が無いものとされていて然るべき、との考え方でしょうか?

    返信する なるほど!そう思う0 違反報告

  • 9:cano更新日:2016年12月19日 11時06分

    >8 への返信

    事業所的には算定できるものはしなさいと言われるでしょう。
    個人的には算定だけが目的と思えてしまうので必要性は感じません。前回利用時に自宅退所出来ていないので、特養等の施設待機者がほとんどだと思いますから。(QOLが~と言われるかもしれませんが)

    このパターンの算定率がもし高いのであれば、おそらく改正で算定後の行き先が自宅以外では算定困難になってくるのではないでしょうか。

    返信する なるほど!そう思う0 違反報告

  • 8:でぱす更新日:2016年12月10日 11時10分

    >7 への返信

    でありましたら、現実にはあまり無いとの事ですが、老健に6カ月以上入所していた入所者が、新たな疾病により、3カ月以上の入院リハを要し、この時、病院は、要介護被保険者等に対する規定により算定したのに、その後、老健に再度入所となった場合には、老健側の初期の加算は算定できるということについてどう思われますか?

    返信する なるほど!そう思う0 違反報告

  • 7:cano更新日:2016年12月10日 09時17分

    >6 への返信

    確かにその場合だと算定できると思うのですが、3か月以上の入院をされて再入所される方がいらっしゃらないので除外してしまっていました。誤解を受ける文章で申し訳ありません。
    脳血管疾患でも運動器疾患でも、回復期には転院されず施設に戻ってくるので3か月以上の入院の症例が当施設ではいないのが現状です。おそらく他施設でも同じ状況ではないでしょうか。

    返信する なるほど!そう思う0 違反報告

  • 6:でぱす更新日:2016年12月10日 06時13分

    >5 への返信

    老健でも、入院により、リセットできる規定が一部有るのは間違いないようですね。6カ月以上入所していた入所者も、3ヵ月以上入院してしまうと、再入所となった場合にリセットではないのですか?

    返信する なるほど!そう思う0 違反報告

  • 5:cano更新日:2016年12月09日 14時30分

    >4 への返信

    短期集中リハビリ算定途中または終了後3か月以内に入院した方が対象なので、6か月以上の入所されている方は対象外かと思われます。

    返信する なるほど!そう思う0 違反報告

  • 4:でぱす更新日:2016年12月09日 13時10分

    >3 への返信

    ご意見ありがとうございます。

    時期によって算定できるサービスのリセットについて、老健では、一定期間入院していた後の再入所の場合、初期加算を再度算定できるのではないのですか?

    返信する なるほど!そう思う0 違反報告

  • 3:cano更新日:2016年12月09日 11時00分

    ご意見ありがとうございます。私の把握不足を痛感しております。

    算定のリセット要件があってもいいかと思うのですが、介護保険サービスについてもリセットされるのですかね。
    疾患が変わっての初回認定という意味合いになるのでしたら、介護保険側もリセットされて加算率も上がってくるので厳しいかと思うのですが。
    医療保険側だけリセットというのもおかしいのではないかと思うので。

    返信する なるほど!そう思う0 違反報告

  • 2:でぱす更新日:2016年11月26日 14時49分

    >1 への返信

    よろしくお願いいたします。

    >要介護状態というのは疾患に対してではなくて、生活全般に介護が必要な状態を指す事ではないでしょうか?

    その通りだと思います。要介護状態の原因は何らかの疾患だと認識しております。

    >特定の疾患がなくても要介護度がついている方も多くいます。

    「主治医意見書記入の手引き」をご覧ください。

    >リハビリテーションを受けるために要介護度をつけるわけではなく、介護が必要だから要介護だと認識しています。

    リハビリテーションを受けるためだけに認定される方もいらっしゃいます。

    返信する なるほど!そう思う0 違反報告

  • 1:cano更新日:2016年11月26日 09時28分

    老健で勤務しているPTです。
    要介護状態というのは疾患に対してではなくて、生活全般に介護が必要な状態を指す事ではないでしょうか?
    特定の疾患がなくても要介護度がついている方も多くいます。
    リハビリテーションを受けるために要介護度をつけるわけではなく、介護が必要だから要介護だと認識しています。
    特に今年度からは加算対象になった為か、医療現場と認識がずれている印象を持ちます。
    様々なご意見いただきたいです。

    返信する なるほど!そう思う0 違反報告

コメント待ち

ページ上部へ戻る