理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が集うリハビリ情報サイト

PT-OT-STネット

PT-OT-ST.NET掲示板

掲示板テーマ:その他の記事

閲覧数:5449 2016年12月02日 [更新] 修正 削除 不適切報告

新しい順に表示古い順に表示

  • 4:明日がある更新日:2016年12月02日 12時00分

    特養やデイサービスの機能訓練指導員の要件では、柔道整復師も按摩も看護師でも可能です。(常勤専従でなければならないなどの縛りはありますが)
    訪問リハが今後そうならないなんて誰にも分らないと思います。

    返信する なるほど!そう思う1 違反報告

  • 3:大野 真央更新日:2016年10月27日 15時35分

    >2 への返信

    タイムリー!、PT協会 JPTA NEWS10月号の表紙、T氏・H会長・O氏ですね。
    会長・・・、わかってるかな??

    対談の公式内容は、T氏の発言特に含み(思惑)なさそうですね。 ※O氏の影の薄さ・・・、これからしっかり頑張っていただきたいですね(応援!)

    T氏、厚労大臣辞任後、一昨年は無所属でしたが、昨年に水月会(ポスト安部の対抗I氏の派閥)に鞍替え、先を見据えることのできる、油断できない先生(味方にできれば心強い、将来I氏首相なら内閣で再び重要ポスト濃厚)、H会長はしっかり立ち回れるか(今までの経緯からは、大人の駆け引き下手だったので、会長しっかり!!)
    勝ち馬に寄り添っているだけで、跨っているのは柔整会、思う方向に走ってくれるか・・・・

    返信する なるほど!そう思う14 違反報告

  • 2:PI更新日:2016年10月27日 14時24分

    審査官さん、ものすごい情報通ですね。
    大人の事情をかなり深くご存知で。。
    見識の深さにかなり感服しました。
    でも、実際理想ではなく大人の事情と駆け引きで動くのが世の中の現実ですよね。

    返信する なるほど!そう思う0 違反報告

  • 1:大野 真央更新日:2016年10月26日 11時35分

    前厚労大臣(T氏、背景は柔整会の顧問です)の任期が継続していればあったかもですが、現(S)大臣になってからは、がんリハに対する改革はあったとしても、柔整がらみはもう無いと思います。 大臣変われば、熱の入れどころが変わるので・・・

    ただし、最近、日本理学療法士協会の50周年記念式典に、来賓祝辞をT氏はされていて、「職種の間を越えて・・・」とスピーチされていましたが、それって柔整顧問の発言の重み(思惑)、PT協会長H氏はどのような心情で聞かれていたのか・・・、ちょっと職域の雲行きは不透明ですね。 セラピストには無いすばらしいスキルを持った団体なので いがみ合ってもだめですが、職域は守ってほしいですね 。

    大事な節目の式典にT氏に祝辞をお願いした、PT会長の思いはどうなんでしょうか?柔整族と分かっているのか??

    返信する なるほど!そう思う22 違反報告

コメント待ち

ページ上部へ戻る